二段ベッドが安い!「二段ベッド BUNK bed」におまかせ。送料無料です。

二段ベッドのお手入れ方法について

すのこは通気性がよいので、カビ等が発生しにくい

すのこは通気性がよいので、カビ等が発生しにくい

二段ベッドに使用されているすのこは上の画像のように、板と板の間には間隔があります。この構造が通気性を良くしています。通気性がよいので湿気がたまりにくく、その分結露や、カビ、ダニ対策に 効果を発揮します。

すのこには桐等の材質が使用されています。炭と同じように湿度調整効果があります。空気中の湿度が高ければ、湿気を吸収し、湿度が低いと湿気を出します。

人は寝ている間でも汗をかきます。その分量はコップ一杯ほどです。いくらスノコ仕様のベッドを使用したとしても、きっちりとお手入れしてあげないと、カビ、ダニの発生につながります。

スノコ仕様の二段ベッドはそういうリスクを低減させるだけで、カビの発生をゼロにすることはできません。どんなベッドでも日ごろのお手入れが必要になってきます。

二段ベッドのお手入れ方法

壁とベッドをぴったりとくっつけないことです。経験上、ベッドに限らず、物を壁とくっつけてしまうと通気性が悪く、梅雨時、冬 温度差による結露によるカビが発生してしまうんですね。

忙しいのを理由に拭いてあげないとカビが発生するわけです。ついおろそかになります。ですので、二段ベッドは壁より少し離れたところに置くのが無難でしょう。そうしないとフレームに雑菌や、 カビの繁殖につながります。

布団、マットレスのお手入れ方法

布団よりもマットレスの方がカビが発生しにくいです。その理由はマットレスの方が通気性がいいからです。ベッドの寝具を使用しない場合、布団等は折りたたんで、マットレスは縦にしておくとよいでしょう

ムレ防止用シーツを利用すればさらに効果的です。

たまに布団、マットレスを天日干して乾燥させてくださいね。干す場合両面干すことが大事です。梅雨時など干せない場合、布団乾燥機という手もあります。その分出費はでますが、健康のことを考えれば・・・

布団、マットレスを干してから掃除機をかけてくださいね。中にはこんな人が・・・布団、マットレスを干してからたたいてホコリ等をとってから室内に入れそのまま使用する人がいます。 布団、マットレスをたたいただけでは、表面のホコリがでてくるので・・・たたくのは避けたいですね。

たたくと余計に表面にホコリがいっぱい出てきてかえって逆効果になります!たたくのは構わないけれど、必ず掃除機をかけてくださいね!ゆっくりと!

掃除機をかけることで、ホコリ、ダニの糞、ダニの死骸を取り除くことができます。週に一回は掃除機をかけましょう。

二段ベッドの下段はどうしても、上段の寝具よりダニ、ホコリが発生しやすくなります。そしてベッド下の床もホコリがたまりやすい場所なので、定期的にお掃除することが重要です。

マットレスの場合、定期的に上下、前後を入れ替えてご使用ください。この作業をしないと、同じ場所にダニ、カビの発生が大きいからです。窓を開けてお部屋の換気も忘れないでくださいね!