二段ベッドが安い! 「二段ベッド BUNK bed」におまかせ。送料無料です。

二段ベッドの選び方のポイント

二段ベッドの搬入性

まず、事前に階段、エレベーター、家の入口、お部屋の入口のサイズとベッドの梱包サイズを調べておく必要があると思います。ほとんどの場合大丈夫だと思いますが、まれに梱包サイズが大きくてお部屋に搬入できない場合が生ずることがございます。

その場合、梱包をほどいたり、別の方法で搬入するため別途料金がかかる場合がありますので、注意が必要です。

お部屋に入るか確認

玄関・ドアのサイズ

エレベーターサイズ

階段使用の場合

二段ベッドは長く使いたいもの!

二段ベッドはそれなりにお値段がはるもの。だから長く使いたいものですね。

デザイン的に大人でも使えるもの。耐荷重の高いもの。分割できて、シングルベッド、キングサイズベッドになるものを選びたいですね! 紹介する二段ベッドはほとんど分割できるタイプなので、長く使用することができます。

二段ベッドの色

二段ベッドのフレームの色は床や壁の色と合わせると失敗がないです。

例えば床がナチュラルな色ならば、二段ベッドの色はナチュラルな色に、床がブラウンなら、ベッドの色はブラウンにしたほうがスッキリ見えます。

カーテンの色も考慮に入れてトータル的に考えましょう。

白のカーテンだとなおさらスッキリと!お好みでアレンジしてください。

二段ベッドの収納性とロータイプについて

寝室にベッド以外に置きたい家具を考えてみましょう。

狭いお部屋なら、コンパクトな整理家具をおいてみるとか。

大きな収納家具はおけないので、床下にたくさん収納できる二段ベッドになってきます。

広さに余裕があるお部屋なら、収納タンス等をおけるので、床下が低いベッドでもよいと思います。

ただ、床下の高さが低いと、掃除機が届けにくいため、ホコリがたまることも・・・

お子様と常に顔を合わせたい、会話等をされたいお客様はロータイプの二段ベッドがよろしいと思います。

そしてお母さんにうれしいには、布団等の上げ下ろしが簡単なんですね!

2段ベッドの高さが低い

二段ベッドの柵の高さ

とにかく、お子様は寝ている時、遊んでいる時よく動きます。柵の高さが低いと転落の可能性があります。

お子様の大切な体を守って上げたい。そんなあなたには高めの柵をお勧めします。

柵の高さ

二段ベッドの耐震性

日本は地震国です。いつ地震が起きてもおかしくない状態です。お子様の大切な命、自身の命を守って上げたい!

そんな時は耐震性強化の二段ベッドを!でもほとんどの二段ベッドが耐震機能構造です。

その中でもよく性能をご調べになりそれぞれの環境にあった二段ベッドを選びたいものです。

二段ベッドの耐荷重

お子様だけだと心配いりませんが、大人とお子様と一緒に寝たり、お子様が数人でベッドで遊ぶ時、耐荷重性の数値が大きいベッドがより安心です。

二段ベッドを選ぶときのサイズについて

睡眠は一日のうち、結構長い時間です。落ち着いた中で一日の疲れをいやすのが寝室です。

寝室の広さに合わせた最適なベッドサイズを選ぶことがポイントです。

ベッドの寸法が5cm.10cm伸びただけでも、お部屋の雰囲気がかわるものです。

お部屋が狭い場合、できる限り小さめの二段ベッドを選ばないといけないと思います。

大きいサイズのベッドを選んでしまうと、圧迫感を感じ、快適な睡眠を得ることが困難となる場合がございます。

一日の疲れをいやすのが寝室!お部屋の広さに合ったベッドのサイズを選びたいものです。