二段ベッドの耐久性について


2段ベッド耐荷重性

二段ベッドの耐荷重について

当店で紹介している二段ベッドの耐荷重は上段・下段とも80kg~180kgです。耐荷重の数値気になりませんか?ベッドはお子様にとってただ寝るだけのものではありません。数人でベッドで 遊んだり、はしゃいだりします。大人が付き添って会話したり、寝る時もあります。

お子様が、大人が一人で使用される場合はあまり問題になりませんが、お子様と一緒に寝られるとき、耐荷重 の数値を考慮する必要があると思います。耐荷重は80kgのベッドは一人で使用される場合、問題ありませんが、二人以上はおすすめできません。標準体重60kgとして・・・

参考:メーカーの耐荷重は静止状態の時の数値です。動いている場合は、同じ重量でもそれ以上の重量がかかります。そのことを考慮しなければなりません。

メーカーの耐荷重の数値とは

例えば、メーカーの数値が上段・下段とも150kgだとします。静止の時。ベッドに乗せた重量が170kgだとします。20kgオーバーしたからといって二段ベッドが壊れるか心配される方がいらっしゃいますが そのくらいで壊れることはありません。なぜなら、メーカーは本来もっと高い数値で耐荷重の試験を行っています。

その数値で合格しています。なぜ、わざと低い数値で示しているのか?それには理由があるのです。メーカーーの数値が150kgだとしたら、150kgの体重、もしくは物で 二段ベッドが壊れた場合、メーカー側の責任になります。

だからあえて、メーカーは高い数値で試験して、それに合格したものを、低い数値の150kgでしめしているわけです。そうしないと、 メーカーの存続にもかかわりますからね。

メーカーの耐荷重の数値と対応について

二段ベッドも同じです。メーカーの数値より少しオーバーしても、大丈夫なように作られていますが、過信してはいけません。あくまで静止時の状態であって、人が頻繁に動いている 状態では二段ベッドにかかる重量は、実際の重量よりはかなり大きくなりますのでご注意ください。

そのことを考慮して二段ベッドを選ぶ必要があるのではないでしょうか?メーカーの数値150kg以上ならほぼ大丈夫ですよ!ベッド上であまり動かなければ80kgでも大丈夫でしょう。

耐荷重150kg以上の二段ベッド






関連記事

地震に対する強度 二段ベッドの選び方

余談話

私自身、食品会社とアパレルの研究員をやっていました。食品の場合、賞味期限とありますが一日すぎたからといって、商品が腐って食べれないわけではありません。 商品が腐っているわけではありません。実際の食べれる期間は賞味期限よりも長いです。ここでいう賞味期限とは開封前の状態のことです。開封した後は出来る限り早く食べましょう。

賞味期限は実際の賞味期限よりも短く設定しているわけです。だからといって賞味期限を過ぎても大丈夫だといって、口にする人がまれにいますが 、あまりお勧めできません。

食品は時間の経過とともに劣化していきます。味が落ちてくるので、できる限り早く食べましょう!余談になり話がずれましたが・・・これと同じように二段ベッドの耐荷重の数値も 同じです。本来耐えうる数値よりも小さい数値で表示しています。二段ベッドの耐荷重の数値とほぼ同じ数値を.のせたからといって壊れるわけでありません。

ページの先頭へ