二段ベッドの地震対策

もし、寝ている時に地震が起きたら不安な面があります。お子様がいらっしゃるご家庭ではなおさら心配です。

二段ベッドは耐震性、耐荷重が強化されているものを選びたいもの!

地震が発生したら二段ベッドは大丈夫?

ほとんどのメーカーが耐震性、耐久性に強い二段ベッドを提供しておりますが、メーカーによって構造は違います。

構造の違いを理解して二段ベッドを選びましょう。二段ベッドは分割式です。だから接合部分の構造が重要視されます。地震の多い地域ではなおさらです。

地震の縦揺れ、横揺れに強い二段ベッドとは、縦方向のタボばかりでなく、横方向からのビス止めが最適であると言えるでしょう。二段ベッドは地震が起きたからといってたやすく壊れるものではありません。 強い地震でも斜めになるか、ひし形になるくらいでしょう。

相当地震の規模が大きくない限り壊れることはないでしょう。ただし、あまりにも二段ベッドが斜めの形になってしまうと、重心の位置がづれ倒れる危険性があるかもしれません。 たとえ地震に強い二段ベッドを購入したてしても、それなりの地震が来た時には形が崩れる可能性があります。

より安全に二段ベッドを使用するために、工夫しましょう!

そう考えると自分なりに地震対策をされてはいかがでしょうか。家具転倒防止L字金具を柱とベッドの 接合しているところにつければ、より強度がまして、二段ベッドの形が崩れてしまうリスクがすくなくなるので、より安全になるでしょう。

これは二段ベッドに限らず、家具は転倒するリスクがあるので転倒防止用の金具でしっかり固定することが大事でしょう。 それから、寝ている上付近の上のあたりに、壁などに時計、絵画等がかけてあったりするのは避けたほうが良さそうです。

時計等が外れてベッドの上に落ちてくるかもしれません。ベッドの近くに取り付けない方がよいと言えるでしょう。 ベッドで電気製品を使用されている場合、コンセントから電気製品を外しましょう。火事の予防のためです。

こういう話もあります。地震が起きて、家具が倒れてきた。二段ベッドの柱が支えになって下敷きにならずに済んだ。床で寝ていた場合、多分下敷きになっていたことでしょう。 そういう点では耐震構造かな!こういう観点から見る時、地震が発生した場合、テーブルの下、机の下に隠れるほうが無難な感じがします。

地震に強い二段ベッドとは

縦方向のタボばかりでなく、横方向からのビス止めをしてある、縦方向のタボだけでも2本のもの、二段ベッドの柱が太いのも、地震に強い二段ベッドと言えるでしょう。

ページの先頭へ